<< レッドアジアンマスタードの花 | main | ヘビも食べなさそうな果実 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
シャクヤク
シャクヤク
 昨日の雨とは打って変わって暑いくらいの日差し。
それを大輪の花が受けとめていた。
名城公園でシャクヤク<芍薬>を初見できた。
芍薬は名前に「薬」の字がつくとおり、元々根を薬の原料にするために栽培されていたそうだ。
花の大きさは12センチほど。
同じボタン科なのでボタンによく似ていると聞いていたが、ボタンのほうが花弁が柔らかいように感じた。
 草丈はだいたい腰ぐらいの高さ。
立てば芍薬座れば牡丹...というくらいだからもっと背の高いものを想像していた。
あでやかな大きな花は、立っても座っても美しく見えた。
| 植物 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pocketdays.jugem.jp/trackback/986
トラックバック
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
関心空間
   
なかのひと
 
フィードメーター
フィードメーター - PocketDays あわせて読みたい
PROFILE