<< 屋根より高い | main | レッドアジアンマスタードの花 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
馬つながり
タンザワウマノスズクサ 去年も見たタンザワウマノスズクサ<丹沢馬の鈴草>。
横から見ると、サックスのように管がくねくねと曲がったような変わった形をしている。
赤茶色のスジがアンモナイトを想像してしまう。
名前の由来は、果実が鈴のような形をしているためとのこと。
タンザワウマノスズクサ 花の数が以前来た5月末頃より多いので、4月に咲き始めるようだ。
こんな形の花がいくつもつるにぶら下がっているのが面白い。
つぼみもいっぱい見つけた。
口の部分が三角になるように丁寧に折りたたまれている。
上向きの矢印みたい。

ウマノアシガタ ウマノアシガタ<馬の脚形>の名札とともに、明るい黄色の花が風に揺れていた。
花弁が5個で一重のものをウマノアシガタ、八重のものをキンポウゲと区別するらしい。
花弁に光沢があるのが特徴とのこと。

ウマノアシガタの葉 名前の由来は、根生葉を馬の蹄に見立てたものと言わている。
だがネットで検索すると、そのたとえには共感を得られていないようだ。

ムサシアブミ こちらはサトイモ科のムサシアブミ<武蔵鐙>。
葉の間から花茎が伸び、仏炎苞に包まれた肉穂花序をつける。
名前の由来は、先の曲がった仏炎苞の形を鐙にみたてたもの。
あぶみとは、くらの両脇にたらして、乗る者が足をのせる馬具のことだ。

 馬つながりの3種の植物に出会うことができた。
しかし、馬のたとえ方はあんまりうまくはなかった。
| 植物 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pocketdays.jugem.jp/trackback/984
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
関心空間
   
なかのひと
 
フィードメーター
フィードメーター - PocketDays あわせて読みたい
PROFILE